あれは、

2005年のこと。私が23歳のときだ。
ハーフパイプでプロに上がり、“スノーボードの魅力や楽しさをもっとみんなに伝えたい”と鼻息フンガー!と当時北海道のレディースシーンに幅を利かせていた西野壱葉と旧姓今野みゆきに声をかけ道内初のレディースキャンプ「crescenDO CAMP(クレシェンドキャンプ)」をスタートさせたのは。
イベント主催者として名前を決めよう。って軽くニヤニヤしながらつけたのが「BIG3project」っていう。
今となっては笑って流せますけど、当時はちょっと照れたこと覚えております。まさかこんなに長く続くとは思いもしませんでしたけどね。
BIG3projectメンバーは増えたり減ったり(主に寿退社)とありましたが、たくさんの方々の支えや応援があってクレキャンは10年続けることができました。北海道のレディースキャンプといえば、“クレキャン”と言っても過言ではないはず。(笑)
そして2015年1月。私も33歳。初コスプレはマイケルジャクソン。
10周年を迎えたクレシェンドキャンプはその長いっちゃ長い歴史に幕を閉じた・・・・



はずでした。(笑)

2015年10月。 Nさんから一通のラインが。 「相談したいことがあるからご飯食べない?おごるから!

もちろん相談の内容は、クレキャンの話。
スノーボードの楽しさを伝えたいと思って始めたこのキャンプ。
スノーボードが上手くなることで楽しくなったって言ってくれる人もいたし、クレキャンをきっかけに友達ができて、その後も一緒にスノーボードするようになった!とか、道外からの参加も多くて、逆にクレキャンが再会する場になっていたとか。

やっぱりこういうのは大事だと思って、規模を小さくしてもクレキャンは続けていくべきなんじゃないかと。

私の答えは、続けていくのは賛成。ただし、クレキャンはこのまま美しく終わらせたいなと。 エゴだけど10年分の思い入れがあるんだもの。
だったら、今の自分たちができる範囲でクレキャンプレゼンツで新しいイベントをスタートさせよう。

Nさんというのは、BIG3創立メンバーの一人、西野壱葉なんですけどね。
言い出しっぺ、このあとすぐに気づきます。
クレキャン続けるよりも大変だってことに。(笑)

ということで、やります! 新企画!!!



お申し込み&詳細はコチラ→http://www.crescendo-camp.com/

新企画、正直手探りです!
でも、これだけは言えます。 絶対に楽しいですから!!
どんなイベントになるかは乞うご期待!みんな一緒にクレクエを育てていきましょう!(笑)

Back to Top